風俗嬢の笑顔に癒される

大変なこともありますしね

正直、仕事はかなり大変です。自分のキャパシティを超えているなと感じることも多々ありますけど、その一方でそれらの鬱屈した気持ちを吐き出す場所があるので、精神的にはそこまで追い詰められている訳じゃないんです。もしもですけど、吐き出す場所さえなければ自分の気持ちはもっと違ったものになっていたかもしれないんですけど、何か嫌なことがあったり自分では無理だなって思ったことや、消化しきれないなって思ったことがあったら風俗に行って楽しむようにしています。ある意味、一番気楽でいいんじゃないですかね(笑)風俗で女の子と向き合っている時間だけは、現実逃避することが出来るじゃないですか。辛い現実を忘れることが出来る時間と考えたら、風俗がどれだけ貴重なのかが分かりますよね。むしろこれ以上貴重なサービスはないんじゃないですかね。だから風俗は自分にとっては娯楽というよりも、心の拠り所と言った方が良いかもしれません。何度も助かっていますし。

巨乳にしてもらわないと勿体ない

巨乳風俗嬢を相手にした時には必ず挟んでもらうようにしています。むしろこれは巨乳風俗嬢相手の専売特許と言っても良いじゃないですか。微乳風俗嬢では出来ない話なんです。嫌だとか、気持ちが乗らないとかじゃなくて物理的に不可能なんです。つまり、挟んでもらえるのは巨乳だけなんです。それなのに、巨乳を指名して挟んでもらわないのは勿体ないですよね。そう思って、前回の巨乳風俗嬢との一戦でもしっかりと挟んでもらいましたけど、挟み方もまた、人それぞれじゃないですか。個性が出る部分だと思うので、自分の中でいろいろな気持ちになりました。やっぱり挟み方もまた、人それぞれなんだなってことに気付かされるというか、同じ「挟む」という行為ではあっても、大きさや圧力にリズムとか、結構違うものなんですよね。いわばそこもまた、テクニックの一つと言っても良い部分なのかなって思ったんです。だからこそ、本当に楽しい時間になりましたね(笑)